【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスの政権対策チームの専門家が議会証言で秋学期の学校再開に慎重意見を示したことに「驚いた。受け入れられない」と不満をあらわにした。11月の大統領選をにらみ早期に経済活動を再開するには、子どもを通学させ、仕事に行けるようにすることが不可欠と考えているためとみられる。

 問題視したのは、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長による12日の上院公聴会での発言。学校再開に当たって、子どもは新型コロナの影響をあまり受けないとの考えに過度に頼るべきではないと警鐘を鳴らした。