無農薬で育てた石川県能美市の特産品国造ゆずを使い、全て天然由来の成分でできた「食べても大丈夫」な泡タイプの「EAT ゆずハンドソープ」を化粧品会社ルバンシュ(同市)が開発し、4月から販売している。ラベルのデザインは伝統工芸の九谷焼作家が担当。千田和弘社長(55)は「オール能美市で盛り上げたい」と意気込む。

 皮を煮出して蒸気から香り成分を抽出。ハンドソープの泡を作る化学成分をアミノ酸と植物油で代用し、防腐剤にはわさびの成分などを使うなど、口に入れても大丈夫な原料だけで製造した。能美市内の飲食店などで販売しており、240ミリリットル入りで1100円。