【シドニー共同】ニュージーランド政府は13日、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制が進んだとして、3月25日に出した国家非常事態宣言を解除した。

 ヘナレ防災相は「ウイルスから自分や他人を守るための警戒をやめていいということではない」との声明を発表し、国民に引き続き慎重な行動を求めた。

 ニュージーランドでは今月3日以降、感染者が1日当たり3人以下に抑えられている。13日深夜にウイルスへの警戒度を上から2番目に高い「レベル3」から「レベル2」に引き下げ、14日に小売店やショッピングモール、カフェやレストランの営業が再開される。