オリックスの比嘉幹貴投手は、自主練習期間で基礎を固めている。13日は大阪市内の球団施設でキャッチボールや走り込みで鍛え「しっかりと基本を見つめ直す時間にしている。投球フォームのチェックを行うなど、基本的なトレーニングに重点を置いて練習している」と球団を通じてコメントした。

 自宅では「しっかりとお風呂に入って、ストレッチの時間を多く取るようにしている」と自己管理に努める。シーズンへ向け「しっかりとチームに貢献できる投球ができるようにしたい」と意気込んだ。