【ニューヨーク共同】米短文投稿サイトのツイッターは12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い実施している在宅勤務について、希望する社員は「永久に」続けられるようにすると発表した。働き方を見直し、在宅勤務を本格導入する取り組みで、米主要IT企業では初めて。

 在宅勤務を巡って、アマゾン・コムやフェイスブック(FB)、グーグルは年後半まで認める方針を示している。製造業などと異なり、IT企業は在宅勤務を導入しやすいとみられる。

 ツイッターの人事部門幹部は「この数カ月で、どこからでも仕事ができることが証明された」と指摘。「続けたいなら実現する」と述べた。