JR東日本は12日、千葉県の内房線と外房線、千葉県と茨城県を結ぶ鹿島線に2021年春、ワンマン運転対応の新型車両「E131系」を導入すると発表した。1編成は2両で、12編成を新造する。運転台から乗り降りをチェックできる車体側面のカメラや、走行中に線路のゆがみを監視する装置を搭載する。

 乗務員の人手不足の影響で、今後各地でワンマン運転の広がりが見込まれる。直流電化区間のワンマン対応車両の標準タイプとして開発した。

 JR東によると、車体には房総半島の海をイメージした明るい青と、菜の花にちなむ黄色のラインが入る。