楽天の則本昂大投手が12日、楽天生命パーク宮城のブルペンで40球の投球練習を行った。直球を主体にカーブやチェンジアップを交え、オンライン取材で「細かな制球はまだまだ。ブルペンに入る数を増やしていって、いろいろやっていけたら」と今後を見据えた。

 セ、パ両リーグが6月後半の公式戦開幕を目指すことになった。2年ぶり6度目の開幕投手を務めることが確実視され「できるだけ早く(開幕日)が決まればいい。僕らは決まったところに目標を設定してやるだけ」と意気込んだ。

 オールスター戦の史上初の中止も決定。過去3度の出場経験があるが「正直できないのは当然」と冷静に受け止めた。