12日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反落した。新型コロナウイルスへの感染が中国などで再拡大するのではないかとの懸念から、売り注文がやや優勢となった。

 終値は前日比24円18銭安の2万0366円48銭。東証株価指数(TOPIX)は3・90ポイント安の1476・72。出来高は約12億4102万株だった。