加藤勝信厚生労働相は11日の衆院予算委員会で、全国の新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)について「5月10日現在で250件あるのではないか」と述べた。詳細を公表するには、都道府県との協議がいるとした。

 厚生労働省によると、クラスターは「1カ所で5人以上のつながりのある感染者が出たケース」。加藤氏は約250のクラスターのうち医療機関で85件、福祉施設で57件、飲食店で23件あると明らかにした。

 厚労省ウェブサイトは、国内クラスターについて3月31日時点の14都道府県26カ所のまま更新していない。