【ロンドン共同】ジョンソン英首相は10日、新型コロナウイルス対策についてテレビ演説し、市民に課している外出制限を7月にかけて3段階で緩和していく方針を示した。国内の感染死者が欧州最多となる中、社会経済活動の再開に向けたロードマップだが「ロックダウン(都市封鎖)を終わりにする時ではない」とも強調した。

 ジョンソン氏は今週から始める緩和の第1段階として、建設業や製造業など自宅勤務ができない人々は積極的に出勤すべきだと表明。ただ、公共交通機関を極力使わないよう求めた。今月13日からは、1日1回としてきた市民の運動目的の外出を制限しないとした。