【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は10日、中国の新型コロナウイルス感染症対策の成果を称賛した金正恩党委員長の「口頭親書」に対し、習近平国家主席から返信があったと1面で報じた。

 中国側の9日の発表では、習氏は新型コロナ対策を巡り、北朝鮮の求めに応じて可能な限り支援する用意があると伝えたが、労働新聞はこの点には触れなかった。北朝鮮は国内に感染者はいないと主張している。

 同紙によると、習氏は中朝間の「重要合意」を徹底履行、意思疎通や協力を強化し、「地域の平和と発展、繁栄に寄与する用意がある」と表明した。「重要合意」が何を指すかは不明。