【ベルリン共同】サッカーのドイツ2部リーグ、ドレスデンは9日、新型コロナウイルスの検査で2選手が陽性反応を示したと発表した。地元の保健当局がチーム全体に14日間の自主隔離を指示したため、中断しているシーズンの再開初戦に臨むことが不可能な事態に陥った。17日に原口元気が所属するハノーバーと敵地で対戦予定だった。

 ハノーバーもドレスデンの発表を受けて予定通りには試合を行わないことを表明した。同国メディアによると、リーグは週明けに今後の対応を話し合うとしている。

 ドイツでは政府と各州が6日に無観客で試合を行うことなどを条件に1、2部リーグの再開を許可した。