4月に35歳となった広島の小窪哲也内野手は練習機会が限られる中、目的意識を持ってグラウンドに立っている。1日にマツダスタジアムで励んだフリー打撃では逆方向の右へライナー性の打球をはじき返し「どの方向にも強い打球が打てるように」と説明。巧打が売りでも「強く振れないと駄目」とバットを握る手には力が入っている。

 「年を取ると体が動かないと聞いていたが、今のところそういう感じはしない。まだまだうまくなりたい」と第一線での活躍を誓う。足腰強化のメニューにも精力的に汗を流し「今の取り組み方で差が出てくる。できることをやらないと」と表情を引き締めた。