横浜市は1日、新型コロナウイルスの検査で5件の誤判定が判明した民間検査会社「保健科学研究所」(横浜市保土ケ谷区)が、東京都や神奈川、静岡両県の医療施設から依頼された検査で、新たに33件の判定ミスがあったと明らかにした。いずれも陰性を「陽性」と誤った。市は4月30日、臨床検査技師法に基づき立ち入り検査をしていた。

 市によると、ミスが発覚したのは4月28日の検査。新たに判明した誤判定の内訳は東京が14件、神奈川が15件、静岡が4件。結果報告を受けた医療機関から「陽性が多すぎないか」との問い合わせがあり、誤りが発覚した。検査過程で異物が混入したとみられる。