政府は、新型コロナウイルスの影響により中止された文化芸術・スポーツイベントのチケット代について、払い戻しを求めない人の税金を軽減する。代金は寄付とみなし、所得税などが減額される。イベントが国の指定を受けることが条件で、文化庁とスポーツ庁は1日、主催者からの申請受け付けを始める。

 対象は2月1日~来年1月末の開催予定が中止や延期、規模縮小となったコンサートや伝統芸能の公演、映画のチケット代やマラソン大会の参加費など。

 イベントが指定されれば、主催者が払い戻しを求めない購入者に証明書を発行する。代金が1万円なら最大4千円減税される。