シャープが2020年春闘で妥結した賃上げの延期を労働組合に申し入れたことが30日、分かった。予定していた4月の実施を7月に延期する。新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が悪化していることが理由。組合側は今後受け入れるかどうかを判断する。

 関係者が明らかにした。シャープは賃金改定額を個人や部門の業績に応じて変えている。ただベースアップ(ベア)に相当する賃金改善の目安として、前年を500円上回る1500円で3月に妥結していた。

 シャープは新型コロナの影響が見通せないとして、5月下旬に予定していた次期中期経営計画の公表延期も明らかにしている。