【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFLのグッデル・コミッショナーが、新型コロナウイルス感染拡大によって受ける影響を見込んで今月の報酬全額を自主的に返上した。29日、AP通信が報じた。同コミッショナーの1年間の報酬はボーナスを含め約3000万ドル(約32億1千万円)以上とされている。

 職員も報酬削減の対象で、基本給が10万ドルを超える人は役職によって5~15%が減らされる。

 NFLは9月開幕のレギュラーシーズンを予定通り行うとしている。