プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会議が9日、東京都内で開かれ、感染症などの専門家チームから18日に控えるJリーグの公式戦再開と20日に予定されているプロ野球の開幕は延期が望ましいとの助言を受けた。

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「個人的には今の段階では延期はやむを得ないと思っている」と述べた。村井満チェアマンは「現時点で私の思いとしては、18日の再開は難しいという認識でいる」と語った。

 プロ野球とJリーグは答申を受け、それぞれ開催の可否を決める。