【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は9日、2015~19年に世界で行われた兵器取引に関する報告書を発表した。世界最大の輸出国である米国は、5年前の10~14年と比べて輸出量が23%増加、世界全体に占めるシェアも5ポイント増の36%に上った。

 SIPRIは「日本などで米国製の最先端軍用機の需要が増えた」と分析。トランプ米政権は昨年発表したインド太平洋の安全保障戦略で、兵器売却による同盟国との関係強化を掲げている。

 米国の輸出先の51%は中東地域で、アジア・オセアニア地域が30%で続いた。対アジアでは日本は85%の増加。