花を手に、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が8日、38都道府県の47都市で実施された。当初は47都道府県で実施予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受け、一部地域ではインターネット動画中継や会員制交流サイト(SNS)上に投稿する形に変更した。デモは毎月開かれて1年近く続き、節目の12回目となる今回は国連の「国際女性デー」(3月8日)に合わせて開催。被害者を十分に守れない司法制度や、問題の深刻さに無理解な社会に対する怒りの声が上がった。

 デモは、昨年4月11日に東京、大阪で始まった。呼び掛け人によると、今年2月までに延べ1万人以上が参加した。