安倍晋三首相は7日、東日本大震災から11日で9年となるのを前に福島県を視察した。富岡町で宮本皓一町長らと懇談し「ふるさとへの思いと熱意が大きな力となって、復興は着実に進んでいる」と述べた。東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部解除された双葉町を訪問。14日に全線で運行が再開されるJR常磐線の状況について説明を受けた。

 首相が福島県の震災被災地を視察するのは昨年4月以来。日本各地で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも、震災復興に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。世界最大規模の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」の開所式にも臨む。