横浜市は6日、2015年に市内の中学校で、当時2年生だった女子生徒が同級生に服を脱がされ、動画を拡散されていたとして、第三者委員会がいじめと認定したことを明らかにした。

 市によると、生徒は15年6月、放課後に校外のトイレで同級生の複数の女子生徒から服を脱がされ、スマートフォンで動画を撮影された。動画はその後同学年の男子生徒や近隣の中学校に拡散され、いじめを受けた生徒は転校した。