NHKは6日、30日から放送する連続テレビ小説「エール」の新たな出演者を発表した。窪田正孝さん演じる主人公が上京し、作曲家として所属するレコード会社のディレクターに古田新太さん、会社の同期の作曲家にロックバンド「RADWIMPS」のボーカル野田洋次郎さんを起用する。

 高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」などで知られる福島市出身の作曲家古関裕而さんと、妻金子さんがモデルの物語。夫妻は窪田さんと二階堂ふみさんが演じる。

 朝ドラ初出演の野田さんは「日本の音楽の礎を築いた方々の人生を、少しながら追体験させてもらえる機会を頂きうれしく思います」とコメントしている。