【ロンドン共同】1970~80年代に活躍した伝説の英ロックバンド「ジェネシス」のメンバー3人が4日、出演したラジオ番組で、活動を再開し13年ぶりにツアーを実施すると明らかにした。

 英メディアによると、最後の公演は結成40周年を記念した2007年。ドラム兼ボーカル担当で、ソロでも活躍したフィル・コリンズさんが首を痛め、活動の再開は難しいとみられていたが、息子ニコラスさん(18)をドラムとして迎え、実現することになった。

 ツアーには、バンドの黄金期を支えたキーボードのトニー・バンクスさん、ベース、ギターのマイク・ラザフォードさんも参加する。