【タリン共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は4日、エストニアのタリンで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で1月の冬季ユース五輪金メダルの鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が好演技を見せ、85・82点で首位に立った。

 ユース五輪銀メダルのアンドレイ・モザレフ(ロシア)が84・31点で2位。昨年12月のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(埼玉栄高)が自己ベストの79・30点で5位につけた。

 6日(日本時間7日)にフリーが行われる。