4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅反発した。最近の急速な株安で売られすぎた銘柄の一角に買いを入れる動きがあった。新型肺炎への警戒感は根強く、値動きは不安定だった。

 終値は前日比17円33銭高の2万1100円06銭。東証株価指数(TOPIX)は2・62ポイント安の1502・50。出来高は約15億767万株だった。