札幌市は3日、新たに新型コロナウイルスの感染者2人を確認したと明らかにした。北海道内の感染者は計79人となった。市は3日、保健福祉局内に感染症対策室を設置、約10人を配置した。

 政府の専門家会議が重症化リスクの低い若者の移動が感染拡大の一因との見方を示したことを受け、秋元克広市長は市内の全17大学に、風邪の初期症状でも外出を控えるよう、学生への注意喚起を要請した。