アパグループは3日、2002年から05年にかけて建設、分譲したマンションのうち21棟で、国が認定した仕様に適合しない防火サッシが使われていたと発表した。今後、マンションの管理組合や所有者の意向を確認し、是正工事を行う方針という。

 アパグループによると、防火サッシのガラスの仕様が不適合だった。同社は「関係者のみなさまにご心配とご迷惑をおかけし、心よりおわびします」とコメントした。

 国土交通省は3日、アパグループのアパマンションなどに対し、原因究明や再発防止策の報告を指示したと明らかにした。