JFEスチールは27日、2023年度をめどに東日本製鉄所京浜地区(川崎市)の第2高炉(炉容積5千立方メートル)を休止すると発表した。鋼材需要の低迷など事業環境悪化を踏まえて設備の減損処理を実施し、持ち株会社JFEホールディングスの20年3月期連結純損益は1900億円の赤字に転落する見通しだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自動車各社が工場を停止するなど足元の鋼材需要は低迷。鉄鉱石価格が高止まりする一方、鋼材の値上げが追いつかず、各社の収益環境は厳しい。JFEの高炉は岡山、広島両県に拠点を置く西日本製鉄所と合わせ、8基から7基体制に縮小する。