【サンパウロ共同】南米ペルー政府が新型コロナウイルス対策で国境を閉鎖したことで日本人旅行者ら約260人が足止めされた問題で、28日にも一部がチャーター便で出国できる見通しとなったことが26日、分かった。現地関係者が明らかにした。

 在ペルー台湾代表部が手配した28日のチャーター便に日本人も同乗できることになった。日本人の搭乗人数は不明。南部クスコに足止めされている人たちを乗せて首都リマに向かい、リマでさらに旅行者らを乗せて米マイアミに向かう。

 これとは別に在ペルー日本大使館が支援し、現地旅行代理店が計画するチャーター便も29日に飛ぶ見通し。