【ブリュッセル、ロンドン共同】欧州連合(EU)は26日、テレビによる首脳会議を開き、新型コロナウイルス対策を協議した。欧州十数カ国が国境を閉鎖する中、単一市場維持のため円滑な人と物資の移動の確保では一致したが、甚大な被害に苦しむイタリアなどが主張する、より積極的な資金支援を巡っては加盟国間の隔たりが大きく、合意を先送りした。

 ミシェルEU大統領は「どの国も(ウイルスとの)闘いに単独では勝てない」と訴えたが、結束の難しさが改めて浮き彫りになった形だ。