27日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円近辺で取引された。

 午前10時現在は前日比1円43銭円高ドル安の1ドル=109円04~05銭。ユーロは34銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円34~36銭。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米国の失業保険申請件数が市場の予測を大幅に上回ったため、景気後退への懸念が高まり、比較的安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が追加金融緩和の可能性に言及したことも円買いにつながった」(外為ブローカー)との声があった。