【ローマ共同】ANSA通信は26日、ローマ教皇フランシスコ(83)が新型コロナウイルスの検査を受けたと報じた。バチカン内の教皇と同じ宿舎に住む聖職者が感染したためで、検査結果はまだ出ていないという。聖職者は教皇に近い関係者だとの報道もある。

 イタリアメディアによると教皇は最近、感染を避けるために外出を控え、食事も1人で取っていた。宿舎は消毒されたという。バチカンではこれまでに5人の感染者が確認されている。