日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。

 相撲協会によると外国出身者が師匠になるのは高見山、武蔵丸、琴欧洲、旭天鵬に次いで5人目で、中国出身では初。元蒼国来は昨年9月、年寄名跡襲名に必要な日本国籍を取得していた。

 元蒼国来は2011年に発覚した八百長問題への関与認定で解雇されたが、地位確認訴訟で解雇無効判決を勝ち取り、異例の復帰を果たした。