【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースのブーン監督は25日、電話会見に臨み、当初は公式戦初戦が予定されていた26日を前に「開幕日が近づいているのに試合がないのは残念だが、(感染症の)現状は野球界より大きな問題だ」と心境を口にした。

 キャンプ地のフロリダ州タンパには田中将大投手ら10人前後の選手が残って自主練習やリハビリなどを行っている。

 ヤンキース傘下のマイナー選手では2人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したが、この他に検査を受けた関係者はいないという。