【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた東京五輪の延期について「苦渋の、しかし賢明な決断だ」と評価し、「来年、より大きく、より良い祝祭となることを望んでいる」と述べた。

 WHOで緊急事態対応を統括するライアン氏は、国際オリンピック委員会(IOC)や日本政府、大会組織委員会に対し、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行が「6月から7月にかけても続いているとみられる」などと警告してきたことを明らかにした。

 ライアン氏は、延期の決定に「全面的に賛同する」とした。