【ワシントン共同】トランプ米政権と、議会上院の民主党指導部は25日未明(日本時間同午後)、新型コロナウイルスによる経済ショックの回避を図るための総額2兆ドル(約220兆円)規模の経済対策で合意した。米メディアが伝えた。これに先立ち、民主党のペロシ下院議長も「大きな進展があった」と話しており、上下両院での経済対策法案の可決、成立に向け大きく前進した。

 個人への現金給付や企業支援などを盛り込む。感染者急増で外出規制が広がり、経済活動停滞による景気失速を回避するには異例の巨額対策が必要だと判断した。