東京都の小池百合子知事は24日、東京五輪を1年程度延期する国際オリンピック委員会(IOC)との合意について「ゴールが具体的になった」と評価し「都として次の目標に向かって準備を進めていきたい」と述べた。

 小池氏は安倍晋三首相や大会組織委員会の森喜朗会長と共にIOCのバッハ会長との電話会談に参加。仮に中止なら人々の希望が失われたとして延期の合意を歓迎し、今後の準備に向け「都としても新型コロナウイルスに打ち勝つことが大きな目標だ。来年の夏までに打ち勝つという世界共通の目標ができたのも大きな成果」と強調した。