2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で五輪延期が固まったことを受け、26日に福島県で始まる予定だった聖火リレーを中止すると発表した。121日間かけて47都道府県、859市区町村を回り、全国で五輪ムードを盛り上げる計画だった。

 組織委は五輪の新たな日程が決まった後、来年改めて聖火リレーを行う。聖火はそれまで日本にとどまり、当面は福島県内に置かれる。組織委の武藤敏郎事務総長らが明らかにした。

 新たな日程でのリレーのルートや走者について、武藤氏は「現状を尊重する」と述べつつ、若干の変更はあり得るとの認識を示した。