【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が23日、世界全体で1万5千人を超えた。今月13日に5千人に達した1週間後に1万人に、そのわずか3日後に1万5千人に急増した。感染者も2日で5万人増え、35万人を超えた。感染者・死者増に歯止めがかからない状態が続いている。

 死者が最も多いのは5千人を超えているイタリア。世界の死者の3人に1人以上を占める計算で、毎日、数百人単位で死者数が増えている。スペインもハイペースで増え、23日に2千人を上回った。中国本土は3千人を超えているが、3月は微増にとどまっている。