萩生田光一文部科学相は23日、記者団の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした一斉休校の延長を要請しないとした政府方針について「やや間違ったメッセージとして受け取った自治体があるのではと心配している。これまでの警戒を緩める趣旨ではない」と述べた。

 政府は20日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、3月2日から春休みに入るまでとしていた小中高などの一斉休校の延長は見送ることを確認。文科省が24日、再開への具体的指針を公表する予定となっている。