さいたま市で22日に開催予定の格闘技イベントを巡り、西村康稔経済再生担当相は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、主催者側に自粛を促すよう埼玉県の大野元裕知事に要請した。県関係者が明らかにした。

 イベントは「K―1 WORLD GP」で、県が保有する、さいたまスーパーアリーナが会場。昨年は1万人以上が集まった。

 県関係者によると、県はこれまでもアリーナの管理団体を通じて自粛を求めてきたが、主催者側は「来場者へのマスク配布など万全の対策を取る」として、応じない方針を示しているという。