【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで2012年12月、女子学生=当時(23)=が集団レイプされ殺害された事件で、死刑が確定した20~30代の男4人に20日、絞首刑が執行された。司法当局によると、インドで死刑が執行されたのは15年7月以来。

 事件はインド内外に衝撃を与え、国内では政府の性犯罪対策の甘さを批判するデモが激化、レイプ犯罪の最高刑が死刑に引き上げられるきっかけとなった。

 死刑が執行されたニューデリー市内の刑務所前には、市民やメディア関係者ら数百人が集まった。4人への執行が伝わると、歓声を上げる人もいた。