37道府県にある約400の宿泊施設で、3~5月の予約人数が前年同期比45・2%減の計155万3502人となっていることが2日、日本旅館協会(東京)の集計で分かった。新型コロナウイルスの影響でキャンセルが相次いだ。各地の施設では顧客対応に苦慮する声も上がり、事態の深刻さが浮き彫りとなった。

 旅館協会には約2500の施設が加盟している。2月21日に会員に調査を依頼し、回答した施設を対象に25日にまとめた。集計後、政府による催しの自粛要請などで外出を控える動きが広がっており、直近の予約人数はさらに減っているとみられる。