広島県廿日市市で2004年10月、高校2年北口聡美さん=当時(17)=をナイフで刺殺するなどしたとして、殺人などの罪に問われた無職鹿嶋学被告(36)=山口県宇部市=の裁判員裁判で、広島地裁(杉本正則裁判長)は18日、「動機は身勝手極まりない」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 鹿嶋被告は起訴内容を認めており、量刑が争点だった。杉本裁判長は「将来ある人生を奪われた北口さんの悔しさや、家族の悲しみは筆舌に尽くしがたく、祖母の命も危険にさらされた」と指摘。「長期間、犯人が特定されず、家族は恐怖にさいなまれ、地域社会への影響も大きかった」と述べた。