福岡市博多区の自転車店で同店従業員小森寛子さん(42)が殺害された事件で、福岡県警は18日、事件当日に店を訪れた疑いのある30代男性から重要参考人として事情聴取を始めた。捜査関係者への取材で分かった。

 事件は今月4日午後8時50分ごろ発覚。営業時間中に電気が消えていることを不審に思った隣の店舗の従業員らが店を訪れ、小森さんを見つけた。司法解剖の結果、喉の骨の一部が折れており、県警は営業中の同日夕ごろ手で首を絞められ殺害されたとみている。

 捜査関係者によると、県警は周辺の防犯カメラの映像を解析し当日店を出入りしていた人物を特定、男性の聴取に踏み切った。