【ワシントン共同】11月の米大統領選に向けた民主党候補指名争いで、南部フロリダ、中西部イリノイ、西部アリゾナの3州で17日、予備選が実施され、米主要メディアによると中道バイデン前副大統領(77)が3州全てを制した。いずれも得票率で左派サンダース上院議員(78)を大きく引き離しており、これまでの獲得代議員数も踏まえ指名獲得が濃厚な情勢になった。今後、サンダース氏の撤退表明の時期が焦点になりそうだ。

 17日は中西部オハイオ州でも予備選が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で投票所が閉鎖され、延期となった。