バドミントンの日本代表が17日、全英オープン(英国・バーミンガム)を終えて羽田空港に帰国し、女子ダブルスで初優勝を飾った福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)の福島は「一つ壁を越えられた。すごく自信になる」と手応えをにじませた。

 広田は「試合勘がなくならないようにイメージしながら練習する。しっかり2人で準備していきたい」と前を向いた。

 遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)は男子ダブルス日本勢初となる頂点に立った。渡辺と組む前に準優勝を3度経験していた遠藤は「本当に勝ちたい大会で、改めてうれしく思っている」とマスク越しに達成感に浸った。