【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)の中で金融調節の実行を担うニューヨーク連邦準備銀行は16日、短期金融市場への5千億ドル(約53兆円)の追加資金供給を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による先行き不安から銀行や企業、個人が現金確保に動き、ドル資金が逼迫しているため緊急対応した。

 ニューヨーク連銀は、国債などを担保に資金を融通する「レポ取引」の翌日物で、16日までに予定されていた1750億ドルの資金供給に続き、5千億ドル分を追加した。さらに17日朝も5千億ドルを供給する予定だ。