ギリシャで聖火リレーが中止されたことを受け、東京五輪のスポンサー企業には14日、日本での聖火リレーに対する影響を懸念する声が広がった。ある関係者は「日本も中止になるかもしれないと心配しているが、今は計画通りに準備を進めるしかない」と不安を隠しきれない様子だった。

 別の関係者は、日本で予定通り実施するかどうかについて、東京大会組織委員会からは「今のところ何も伝えられていない」と戸惑っていた。

 全国を巡る聖火リレーのPR効果に対するスポンサー企業の期待は大きく、日本コカ・コーラ、NTT、日本生命保険、トヨタ自動車が独自のテーマに沿ってランナーを選出した。